ブログネタ
家庭の消耗品、どのくらい備蓄している? に参加中!

服を捨てるのがもったいなくて、なかなか捨てられなかったんです

BOOKOFFに売るにもノーブランドの服なんか、たかが知れている。
ヤフオクで売るにも洗濯したり、撮影したり、そんな手間を考えるとやはり一刻も早く捨てたい
でもどこか、もったいない

そしてゴミ捨て場に服を捨てた時、それがよからぬ人に拾われてしまうのが怖い。
くんかくんかされたらどうしよう・・・
怖くて近所を歩けなくなる
なんとか安全に処分出来る方法はないか

そんな時、フクサポに出会いました

キャプチャ

キャプチャ

古着を送って国際貢献!
ダンボール1箱分の古着で・・・・

【カンボジア】1平方メートルの土地の地雷の撤去 
【ラオス】1平方メートルの不発弾撤去 
【ウガンダ】元子ども兵社会復帰支援センターでの給食2食分 

に使われる。

これなら服を捨てるということになんの罪悪感もないし、なにより安全だ!

別に国際貢献とかそんなことはどうでもよくて、ただただ服を捨てるという行為に対してなんらかの理由づけが欲しかったの
こんなサービスまってました


服捨て無料。用意するのは120センチ大のダンボール





キャプチャ


ネットから申し込んで指定日に佐川のお兄さんが集荷にくるというシステム
伝票を書く必要もないのです

申し込んだらいらない服をまとめて自宅待機していればいいだけ
簡単ですね!

最初から最期まで無料で服を処分するには条件があって、120~160センチ大のダンボールいっぱいに服を詰めなければならない!

この120~160センチ大のダンボールというのがなかなか手にはいらない
スーパーで無料で提供しているダンボールにはこの120センチ級はなかなか無いのが現状

しょうがないのでダンボール2箱組み合わせて無理やり120センチにしました

120センチ大のダンボールを服でいっぱいにするには大体35着くらい
服のほかにカバンや靴も引き取ってくれるのでカサ増しにも使えるでしょう

ひとり暮らしで要らない服をまとめたらちょうど1箱分になりました!
部屋が片付いてすっきり!

いやあこれは嬉しい。


2015年10月12日現在の実績。
 
寄付金総額 684,030円
2,301の個人・団体にご寄付いただき
180,219着の古着が集まりました。

2301の個人・団体で180,219着ということは1人辺り平均78着の寄付
そして寄付金が68万4030円ということは1人297円!???
これって運営コストの方がかかってるんじゃないの?って金額ですね

2回目以降の寄付をダブルカウントしているかどうかはよくわからないけれど、ひとり辺りの貢献額はそこまででもない
だからこそ広く知られて、寄付する人が増えればいいなと思います

フクサポは2013年頃始まった活動
寄付した個人団体が2000ちょっとっていうのも、まだまだ少ない印象

どうせ服を捨てるなら、フクサポに送ってみるのもいいんじゃないか?
部屋まで引き取りに来てくれるわけだから、ゴミ捨て場までえっちらおっちら持っていく労力を考えたらエコだと思う

申し込みには最低限の個人情報が必要

住所、氏名、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスなど

宅配業者が引き取りに来るわけで、苗字と住所、電話番号は本物を使ったほうがいいかな
逆にそれ以外は、心配だったら予防線を張るのも手です
引取の際に本人確認なんかしないですからね
生年月日はなんで必要なのか謎でした

集荷日は申込日の4日後~2週間以内。
時間指定は出来ません
1日中自宅にはいられないよ!という方はちょっと手間ですが不在通知票をゲットした後、佐川のお兄さんを召喚します
この方法なら時間指定ができますよ!

久しぶりに部屋が片付いて本当にすっきり爽快!
断捨離って気持ちいいですね


フクサポ






このエントリーをはてなブックマークに追加 編集