裁判傍聴に興味あるけど仕組みも面白さも、いまいちよくわからないな、という方におすすめのなのが裁判狂時代
著者は裁判傍聴の見識を広めた第一人者である阿蘇山大噴火さん
本書には裁判傍聴マニュアルも収録

この方の著作を片っ端から読み漁ったけど、こうして初心者向けにマニュアルとして裁判傍聴について書いてある本はあんまりなかったのです
故に読み始めるならこの1冊

ご本人もおっしゃる通り「これ以上噛み砕けないくらい親切な裁判傍聴のススメ」です
すごく丁寧で勉強になる情報が満載でした


もちろんいつも通り裁判傍聴記も。

むかーしむかしの裁判記録まで紐解いて、アカデミックな一面もあります

ちょっとした裏話も冴え渡っていて、特に麻生太郎に激似という「裁判おじさん」の話は面白かった
1度このおじさんに絡まれたっていうエピソードは迫真に迫る勢いで怖い(笑)



阿蘇山大噴火さんは裁判傍聴以外にも素敵な趣味をお持ちで、その1つが宗教鑑賞
僕は宗教ウォッチャーでもあるんですよ。
いままでいろんな団体にこっそりと忍び込んではエセ信者を演じてきたんですよ。

もう、びっくりするよね

それで法の華の天行力大祭というイベントにわざわざ金払って参加している
そんな宗教団体の代表と幹部が詐欺罪で捕まったのでもちろんこの裁判も傍聴に
阿蘇山大噴火さんからしたら大好きな宗教と裁判、この2つがそろっちゃったわけですね

祭りのレポートもとても臨場感があって、その場の興奮が伝わってくるかのよう
必読です


オウム麻原の裁判にも傍聴に行ってます
「サイパン旅行」ならぬ「サイバン旅行」にも出ていて地方にわざわざ傍聴しに行っている
しかも東京とはまた毛色が違うからおもいしろいよ

どの章もネタとして本当によく出来ているので何度でも読みたい1冊

これで何度声にだして笑ったことか
かなりクォリティの高いネタ本です
そして裁判傍聴マニアからしたらバイブル的な1冊


最後に素敵な一文を

テレビ、雑誌、インターネットなどなど、いろんな情報が氾濫してる時代だけど、自分で行ってみて得た情報が最強だと思うんだよね。
これ以上に信じられる情報はないでしょ。
頁をペラペラなんていうのじゃ、本当の姿は見えないわけ。
どんなことでも実際に体験してみないと分かんないもんだよ。


今の時代、大切なのは原体験。
真実を知りたければ自分の目で見るしかないと思う
私は現世に「1億総ジャーナリスト時代」を提唱したいですね


▼関連記事

裁判傍聴は面白い!阿曽山大噴火のB級裁判傍聴記







このエントリーをはてなブックマークに追加 編集