台湾に行くときには機内で入国カードを書くのがお決まりですが、実はこの入国カード、オンラインからも提出ができます
今回は実際にオンライン申請をやってみたので紹介します


機内で配られるカードの正体


海外に行くと行きの機内で配られるカードがあります
それが「入国カード」
「イミグレーションカード」とも言われるこちらのカード、飛行機が到着したあとの「入国審査」で必要なものです
この「入国カード」が不要な国もあるのですが、ほとんどの国では必要です

機内で書かなければいけない!という決まりはないのですが、飛行機が到着したあと「入国審査」を前に書くと手続きがスムーズに行かないので事前に機内で書いちゃおう!ということで配られるんです


台湾では入国審査をインターネットでできる!事前に申請していれば機内で入国カードを書く必要がない!



しかし!台湾に行くときは事前にインターネットで手続きができるため、機内で入国カードを書く必要がありません!
この制度は2015年7月からスタートしました

わたしは入国カードのために機内持ち込み手荷物にわざわざペンを入れていたのですが、台湾に行くならその必要もありませんよ

機内で入国カードを書くには、

  • パスポートナンバー
  • 搭乗便名
  • 宿泊先ホテル名

などなどの情報を拾うために、いろいろな書類を見ながら書かなければなりません
狭い機内でこれらを引っ張り出してくるのは大変です
旅慣れていないと、必要な書類を座席の上の荷物入れに入れてしまったりして・・・!

もう最悪ですよね!

わたしも旅慣れていない時にはよくやってしまったものです
機内持ち込み手荷物にペンを入れておくことを忘れて飛行機が着いてからカードを書くこともありました・・・(泣)
みんな当たり前のように機内でペンを持っていてびっくりたものです



台湾の入国カードオンライン申請を使ってみよう


台湾の入国カードオンライン申請はこちらからできます

オンライン申請はこちら

わたしもこのリンクから無事に申請できました!
直リンクで設定してあるので安心してご利用ください!


オンライン入国カードの書き方

キャプチャ



英語表記もあるのですが、やはり戸惑ってしまいますよね・・・
代表的な書き方をご紹介します

姓 Family Name・・・苗字
名 Given Name・・・下の名前
出生日期 Date of Birth・・・生年月日 年/月/日の順
國籍 Nationality・・・JAPAN
護照號碼(大通證) Passport No.・・・パスポートの番号
航班/航名代碼 Flight/Vessel No. ・・・乗ってくる飛行機の便名
預計入境日 Expect Entry Date ・・・台湾入国日
旅行目的 Purpose of Visit ・・・観光なら「Sightseeing」
居住地 Home Address・・・現住所のこと 「JAPAN」だけでOK
來台住址或飯店名稱Residential Address or
Hotel Name in Taiwan・・・滞在中の住所 ホテルなら「Hotel Name 」にチェックを入れます


★特に迷ってしまうもの


職業 Occupationはどうすればいい?


プルダウンで選択できるようになっていますが、医者、芸術家、軍人、秘書などなど多岐にわたっています
普通の一般事務職なら「CLERK・EMPLOYEE・STAFF」あたりが無難です


簽證種類 Visa Typeって何?



こちらもプルダウンで選択できますが、英語だけを読んでもいまいち意味がわかりづらいです
観光目的ならビザは不要なので「免簽證 Visa-Exempt」が正解です
「ビザ免除」という意味です

字面だけ見ていると「停留 Vister」を選びそうになるので注意です
こちらは「短期滞在目的のビザ」という意味です
観光目的の旅行者がビザを持っていることは稀ですよね

ビザを持っていなければ
入出境證/簽證號碼
Entry Permit/Visa No.は
入力不要です


入力し終えたら「Comfirm」で提出


すると、スパム避けのため確認番号入力の画面が出ます
番号を入力して「Apply」をクリック。

次の画面で「Success!!」が出たら完了です

あっという間に終わりました
正直手で書くよりも早く、正確に申請できるのでとても便利です


ちなみに間違えても何度でも提出できるようです

台湾の入国カードオンライン申請はこちらからできます

オンライン申請はこちら



機内で入国カードを断る愉悦


機内で入国カードが配られましたが今回はオンライン申請をしていたので断ってみました
周りの日本人は入国カードをもらっていたので、
逆に
「なんでもらわないの?」
「情弱じゃない?」

なんて思われていたかもしれません

ちなみにわたしはこのオンライン申請を入国前日に行いましたが問題なく終わりました
一体いつ頃がデットラインなんでしょうね・・・
案外現地についたあと、スマホからの申請でも間に合うのかもしれません

入国審査では「インターネット」といえば伝わる!


台湾の空港に到着すると、入国審査があります
スタッフにパスポートを預けて、顔写真を撮られ、指紋もとられます

このときに入国カードが必要なのですが、事前にインターネットで申請をすませていれば紙は不要です

無言で審査官にパスポートを差し出すだけでも、「入国カードがない人はインターネットで申請してきた人だな」と思われ何も聞かれません

もし万が一なにか聞かれたら「インターネット」と答えれば伝わるはず!

台湾は割と日本語が通じます
審査官にも、もしかしたら英語の「インターネット」よりも日本語の「インターネット」の発音の方が通じるかもしれないですね(笑)


入国審査でひときわ列が短いのは年に3回以上台湾に来る人の列
「快速査驗通關(Speedy Immigration)」


入国審査の列は2つに分かれています
全然人がいない方の列は「快速査驗通關(Speedy Immigration)」と言って年に3回以上台湾に来たことがある人で、事前に「常客証」というものを作っておくと利用できます

オンラインで入国カードを申請したからと言って、こちらの全然人がいない列に並べるわけではないので注意!


年に3回以上台湾に行く人必見!申請はこちら
Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors


紙の入国カードを書く予定の人はガイドブックを機内持ち込み荷物へ!


機内で紙の入国カードを書く!という人は機内持ち込み荷物にガイドブックも入れておきましょう
よほど語学に自信がない限り、カンペなしで入国カードを読み解いていくのは難しいからです
とくに旅慣れていないうちは謙虚にガイドブックに従ったほうがいいです

機内持ち込みしやすいのは小さくてコンパクトなサイズのガイドブックです






arcoやことりっぷなどがおすすめ
どのガイドブックもたいてい最終ページに「入国カード」の書き方が乗っているのでご参考くださいね


▼台湾の海外SIMならこちらがおすすめ
・アマゾンで 700~800円
・4G速度低下なし
・5日間





▼SIMフリースマホを持っていない方はこちら!



詳細:海外専用グローバルWiFi 

持ち運びできるモバイルルーター!
・複数端末接続可能
・空港受取、空港返却可能
・5日間以上の利用も可能


・料金
台湾
LTE
・250MB/日 921円/日
・500MB/日 1111円/日
・1G/日 1301円/日






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集