2018/11/27
成田空港第2ターミナル4階(出国手続き前エリア)に「東京豚骨BASE MADE by 一風堂」がオープンしました

成田空港にはターミナルが1~3までありますが、「空港第二ビル駅」が成田空港第二ターミナルです
3階は航空カウンターになっていますが、その4階に飲食店があります

出国前エリアなのでどなたでも利用できます

東京豚骨BASE MADE by 一風堂」の場所はマップでいうところの「73」番です

キャプチャ



店舗名:TOKYO豚骨BASE MADE by一風堂
メイン料理:豚骨ラーメン
営業時間:07:30~21:00(L.O.20:30)
人気ラーメン店として有名な「一風堂」がプロデュースする豚骨ラーメン屋




P1100235

お店の前にはスーツケースを置いておけるスペースがあります
このあたりのお店では1食分のお値段が800円程度と安く、テーブル席でラーメンを食べることができるため人気でした


東京豚骨BASE MADE by 一風堂 成田空港店のメニューと価格


P1100232


普通のラーメンは750円!
さすが成田空港だけあって英語表記もあります

P1100233

セットメニューになると1000円超えとなりますが、それでも安い印象でした
店内には外国人の方も多かったです
1人で入るにも気軽だし、外から店舗が見えないお店なのでおすすめです


▼食べログはこちら
▼アマゾンにはすごくマニアックな商品がありました・・・(笑)



▼海外行くならSIMフリースマホが便利!おすすめのSIM会社

【楽天モバイル】

格安スマホなら!DMMモバイル 

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】 

格安SIMをお求めなら「U-MOBILE」 

BIGLOBEモバイルの格安スマホはこちら 



SIMフリースマホには買い替えできない!という方はWi-Fiルーター


やっぱりSIMフリースマホなんで意味がわからない!という方はWi-Fiルーターのレンタルをおすすめします

海外SIMよりは割高ですが、海外でネットを使うためにSIMフリースマホを買うコスト(2万~5万円)を考えると、Wi-Fiルーターのレンタルの方が安いかもしれないです

【Wi-Fiルーターのレンタルがおすすめの人】

  • 海外SIMがわからない
  • SIMフリースマートフォンを持っていない
  • 複数人で行く
特に、全員がSIMフリースマホとは限りませんよね
Wi-Fiルーターは同時接続も可能なので複数人で旅行に行く場合、割り勘すれば安くなります

海外にはWi-Fiスポットがたくさんある・・・とも言いますが
  • 実際は電波が弱かったり
  • 時間制限、速度制限があったり
  • 登録が必要だったり
  • セキュリティが危うかったり

いろいろと問題があります

ネットが必要になるのは「道に迷った時」がダントツでしょう
そんな時にWi-Fiルーターを借りていればすぐに検索できるし、Google Mapも使えますよ

ネットなしの海外旅行は考えられないし、満足度も下がると思います

海外SIMか、Wi-Fiルーターか
かならずどちらかの方法でネット環境を用意しておきましょう!

海外専用グローバルWiFiを借りた時はマルチ変換アダプタもついてきたのでお得でした!





海外のコンセントの形状は日本と違うことがあるので、変換が必要なんです・・・

また、頻繁にキャンペーンもやっていて、うまく使うと1000円しないでレンタルもできますよ



詳細:海外専用グローバルWiFi 






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集