マルタ留学してきました
今回私が行った学校はクラブクラスマルタ

授業は毎週月曜日からスタートするため新入生は月曜の朝8時からクラス分けの英語のテストを受けます

この英語のテスト、オリエンテーションも兼ねていてその時にvodafoneのSIMカードをプレゼントされるんです!
今回はこちらのSIMカードの使い方をご紹介します!





vodafoneのSIMカードはそのままだと電話受信しか出来ない


学校からもらったvodafoneのSIMカードはそのままの状態だと使えません
自分でvodafoneのショップやスーパーでプリペイドカードを買い
サイトにアクセスしてチャージするか、サイトから直接チャージする必要があります

近くにプリペイドカードが売っているので紹介します
クラブクラスマルタから近いvodafoneのショップはスーパーの「コーナー」です
徒歩10秒くらいですよ




こちらでプリペイドカードを購入できます

入って左手のレジの後ろの方にプリペイドの自販機があります
タバコの自販機に比べると視界に入らない分かりづらいところにあります

P1180755


P1180757


ここでプリペイドカードが入手出来ることが事前に分かればもうvodafoneのSIMでも十分やっていけるでしょう

ここでは2種類の会社のプリペイドが売っているのですが、購入するのは「Vodafone」です
赤色が目印。

10ユーロと20ユーロがあります
20ユーロのボタンは表記がおかしいのでもしかしたら売り切れか、壊れているのかも・・・

1ヶ月程度の滞在であれば10ユーロで十分足りるはずです
プリペイドなので使い切ったらまた買えばいいのです。
ちなみに1ユーロ120円とすると10ユーロは1200円。
これで1ヶ月携帯が使えるということは海外の携帯料金って激安じゃないですか?
日本でキャリア携帯を契約していると月8000円くらいかかりますよね?
このあたりもカルチャーショックの1つですね

P1180758

ちなみにもう1方の会社のプリペイドは青いロゴになっています

P1180754

プリペイドの自販機と反対の場所には両替機があります
こちらはレジの店員とタバコを自販機で買う人用の両替機なのですが、コインランドリーで洗濯する時などにも便利です。
タバコを買う用がある人は多めに両替しておくといいかも。

ちなみに滞在中は両替機に気づかず利用しませんでした。
そのためタバコを買わないのに両替機を使った場合罰則があるのかわかりません。
ルール違反に厳しい国もあるのでご利用の際はご注意ください。


vodafoneのSIMカードの設定方法!SIMピンをお忘れなく!


お店でプリペイドカードを購入すればSIMカードの挿入までお店の人がやってくれることがあります

ちなみにクラブクラスマルタから1番近いと思われるVodafoneショップはこちら




今回は自力でSIMカードを挿入してみましょう
SIMの抜き差しは電源を落としてから行いましょう
電源が入ったまま抜き差しをするとSIMカードないのデータが破損する可能性があります

SIMカードの抜き差しは機種によってSiMピンが必要です
うっかり忘れてしまった!という方も多いはず
そんな時はルームメイトに聞いてみましょう

SiMピンはSiMピン専用のものでなくても
安全ピン
クリップ
まち針
などでも代用可能です

個人的にはSiMピンなしでSiMが交換できる機種を予め買っておくのがおすすめです




SIMピンは5本で500円くらい。
ただ5本もいらないですよね。
他のものでも代用できるので旅行時に忘れないようにしましょう。
ちなみに私はSIMピンのいらない機種を利用していますが、念の為「安全ピン」を持ち歩いています。
今回ルームメイトがSIMピンを持っていなかったので大活躍でした。


SiMピンはピン穴にぐっと押し込みます
するとSIMカードのトレイがパンっと出てくるんです
これをやるにはコツがいるのでできれば店員さんにやってもらいたい所…
勢い余って中のSIMカードが吹っ飛ぶことがあります
飛行機の中や道を歩きながらのSIM交換は大変危険なのでおすすめしません

取り出したSIMカードは日本に帰った時必ず必要になります
無くすと日本でスマホが使えなくなります
絶対になくしては行けないものなのでミニポリ袋を用意して入れておくのがオススメですよ



vodafoneのSIMカードをアクティブにする


さてvodafoneのSIMカードを入れたら電源をつけます

My Vodafone - Online Top Up

ネットに接続すると
マルタでの新しい電話番号の入力を要求されると思います
これを「トップアップ」というようです

電話番号はSIMカードがくっついていたカードに書いてあります

マルタの国際番号は 「356」 なので
それをかっ飛ばした8桁の番号が新しい電話番号になりますのでそれを入力してください


MSISDN: 00356******** ←*の数字が電話番号



vodafoneのSIMカードとプリペイドカードを紐づける


もらったSIMカードとお店で購入したプリペイドカードを紐付けします

プリペイドカードの方に英語でステップが書いてありますのでよく読んでください

書いてある番号にsmsを送ります
電話が喋りだします
1を押します
※2を押すとマルタ語に言語を変えられるようでした

プリペイドカードの番号(コインで削ると出てくる番号)を入力するように言われます

無事に入力できると「success」という単語がポロッと聞こえるはずです

ここまできたらあなたのスマホはネットが使えるようになっているはず…!
もし使えなかったら数分待つか、再起動などをしてみてください

マルタのvodafoneSIMカードはヨーロッパ各国でも使えるようになっているようです!
公式サイトでは140ヶ国以上で4G回線が使えるとの事でした!

またスーパーのプリペイドカードは10ユーロ~だったのですが、料金プランをみると
500MBで1ヶ月5ユーロもありました!
サイトから直接チャージもできるようなので5ユーロでいいよ!という方は街でプリペイドを買わずにサイトからチャレンジしてみてください

Vodafone Malta - Home Page


こうやって考えると日本のキャリア携帯の料金って本当に異常なくらい高いですよね
格安SIMの料金プランでさえ、日本はまだまだ高い水準だと思いませんか?
日本に来る外国人からすると驚きのようです

私は日本にいる間にAmazonでSIMカードを買っておきました




90日間、世界何十ヶ国も使えてお値段2000円くらいでした
マルタのvodafoneだと28日間で5ユーロくらいなのでマルタSIMの方がお得です

ただAmazonで買ったSIMは、学校からSIMカードが配布されるまで待たなくていいので楽でした

今回のSIMカードは飛行機の乗り換え地点であるトルコでは使えなかったのが残念過ぎました…
きちんと確認しておくべきでしたが…
探せばきっとあると思います

海外でのネット環境は生命線!自分に合ったものを見つけてみてくださいね!






このエントリーをはてなブックマークに追加 編集