知らないと危険な英語表現
マシュー・D・キム
IBCパブリッシング
2017-02-28




 『知らないと危険な英語表現』
怒っているのか?喜んでいるのか?その意味を取り違えるな! 

誤って使うと非常に危険! でも覚えておくと必ず役立つ、そんな英語のスラング表現を集めました。

感情的になったときや、言葉の意味をより強調したいときにネイティブが頻繁に使うスラング表現を正しく理解するための学習書です。相手が何を言っているのか分からない不安をなくし、適切な対応をするためにも知っておきたい表現が満載。教科書には載っていない(載せられない)リアルな英会話を学びたい人におすすめです。愉快なイラストと過激なフレーズが楽しい1冊。MP3音声付き。

本書は「fuck」「 shit」 「damn」「 hell」にで構成され、それに関わる表現が約160フレーズ収録されている

「fuck」は「fuck」でしか使わないと思っていたが、確かに映画とかを見ていると4文字くらいのフレーズで使われていることが多い。
「fuck」をひとつとっても実に多彩な言い回し。
全部覚えるのは大変だけどイラストや例文もあるので視覚的にも理解が深まる

本書の目的は「スラング英語を使おう」ではなく、「スラング英語を聞き取って、意味がわかるようになろう」である。

あくまで受動的な本で本書に収録されたフレーズを実生活で使ってはならない。

たとえ「fuck」を使っていようと、否定形で用いればポジティブな意味あいになることもあり、難しいな・・・と思った

ペラペラめくって読み飛ばすのもよし。

知らないと危険な英語表現
マシュー・D・キム
IBCパブリッシング
2017-02-28




▼関連記事












このエントリーをはてなブックマークに追加 編集