image

映画アンフェアthe endを見てきました
ドラマシリーズは2006年放送
そこから数えると完結まで9年かかりました
その間に主役の篠原涼子さんは結婚、出産
出産後落ち着いたら、きっと続編作るんだろうな~って思っていました!

今回の映画アンフェアthe endで、このアンフェアシリーズは本当に完結します
どうせまだまだつづくんだろう、と思っていたのですがマジで終わったんですね
そのためドラマからの復習が必要です!

特に今回の映画で雪平の片腕となって動いてくれるのが津島(永山絢斗)
ドラマシリーズでキーパーソンだった「瑛太」にめちゃくちゃ似てるな~と思ったらそれもそのはず
このお二人、兄弟なのです

「バカかお前は!」というセリフも今回度々登場します
ドラマから見ている方からしたら、「懐かしい~」って感じですね

ドラマならではの面白さを欠くことなく、テンポよく進んでいきました
銃撃シーンも迫力あってワイルドです

冒頭、篠原涼子のシャワーシーンがあるのですが、出産後とは思えないくらいスレンダーで美しいボディなのです
びっくりしますね
そして何故血を流しているのかというと・・・・?

それはラストに伏線が回収されます
この演出はスバラシイですね~

結論からすると、やっぱりドラマと変わらないオチじゃん!っていう。
雪平はとことん男にモテまくり、とことん裏切られます
でも一度寝ると情が移るのか・・・その辺の人間ドラマがまた面白さの一つです

わざわざ映画でやる意味としてはマスコミは嘘だ!警察内部腐ってる!という現代的な風刺とメッセージが込められてる点でしょうか
こんなことテレビでは大っぴらに主張できませんよね
瑛太弟のセリフに「ウィキリークスでは沖縄うんぬん」 っていうのがあるんですけど、これ地上波放送の時にカットされないか注目です

 
ドラマ版から考えるととても長い作品でした
ドラマシリーズのあと、映画3部作でやっと完結です
本作がラストですから、通しで見たほうが面白さが倍増しますね

特にドラマ版をいま見てみると、阿部サダヲが若い!!!

最終回は号泣しましたね
リアルタイムでも見てました。衝撃的ラストでしたね
このカタルシス、いい機会ですから是非もう一度どうぞ!

【客層】
幅広い年令の方が来てました
主婦に人気なイメージだったんですが、男性も多かったですね
シニア層も分厚くてびっくりでした


▼ドラマ版。原作があるため1話1話にヤマがありテンポがいいです
最終回はハンカチ必須


▼映画1作目。江口洋介と椎名桔平が大活躍。バイオテロに挑みます
ラストシーンの屋上に萌え。

▼映画3作目。痛グロ路線。金髪の山田孝之がかわいい。




 



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集