ブログネタ
今年に入って読んだ面白い本を3つ教えて! に参加中!

就活生時代にキショイ、怖いと思って読めなかった「絶対内定」を、社会人になってようやく読んでみた


当時、本当にみなバイブルのように読んでいたのです
肌身離さず持ち歩いている人、結構いました

宗教みたいで気持ち悪いと思っていました
見るとじんましんが出ちゃいそうでした
そのくらい恐ろしい本なんだと思っていました

でも読んでみると、これが結構いいこと言ってるんです
何が凄いって、就職以外の道がありますよ、と提示しているとこです

「きみ」「きみ」って進研ゼミか!と思うこともしばしばですが、それでも良書でした

本当に大きな人間であるならば、自分がそこにかかわっている以上、自分がなんとかして面白くしているはずだ。面白くないと言っている人は、受け身なのだ。
あるある。じょなみはつまらない会社人生にどうにか面白みを見出してマンガにしています。

今のうちに一定レベルで、自分の夢や価値観を持っておかないと、最初の会社の価値観に染まってしまうだろう。
いわゆるサラリーマン的価値観が染み付いていくだろう。
まんまと染まった新入社員を見るのが、毎年気の毒だった
「染まる」って表現、いいよね。
じょなみは「絶対染まるもんか!!!」と思って生きていたから会社で浮いていたけど上司からは一目置かれていた。と同時に平からはものすごく嫌われていた

生きづらくなって辞めた(笑)

周りがどうするか、他人がどう思うかということをできるだけ気にせずに、もっと言えば一切気にせず、勇気を持って自分本位に進路を決定してくべきだと僕は思っている。
いいぞいいぞ!
大学卒業から3年。今Facebook見てみると留学してる人、転職活動中の人、病気療養中の人、いろいろいる!

名だたる大企業も中小企業も、すべての会社とは言わないが、おかしなこと、いい加減なこと、インチキとしか言えないようなことなど、改善していくべきことがまだまだたくさんある。それが日本、そして世界の企業社会の現状であり、また社会全体の現状でもある。
社会人になって大企業の方と会う機会が増えたけど、大企業であればあるほど妙な慣習にしばられているよ
ろくでもない会議ばっかやってたり、日報書いたり(笑)、ハンコ至上主義とか副業禁止とかマジでバカみたい
これじゃ経済活動も停滞する。
大企業に就職したかったわたしだけど、一気に目が覚めたよ
100年続いている会社とかはやばいよマジで。
生きる化石であり、オワコンであり、沈没船である。

出る杭は打たれる。
硬直しすぎて新しいことなんかできない。
そしてそうした社風をたったひとりで変えていくなど到底不可能。

お気をつけ下さい!

僕は、多くの人と接する中で、生ぬるい環境の中で、能力、特に自分の頭で考える力、発想する力、さらに行動力を削がれてしまっている人がいかに多いかを実感している。
すごく才能持った人がいてね、でも「副業禁止だからこれでお金は稼げない」とか言ってて超失望したのは記憶に新しい。
もったいないよね。そして会社のルールに縛られている人ほど会社への愚痴が溜まっていて、聞いていてさらに失望してしまったの。
はやく会社辞めればいいのに。

就職活動をした上で、就職しなくたっていいのだ。シゴトがすべてではないし、サラリーマンだけが生き方じゃない。また、誰にでもイキイキとできる生き方や環境など存在しない。
言われたことしかできない。言われたことをやればいいと思っている。
前例のあることしかできない。
自分では何も新しいことはできない。
役職名がなければ人を引きつけていくことができない。
そういう人が大勢、会社の中にのさばっている。
無名の大衆として、会社というぬるま湯の中に浸かっている。
今、会社が求めているのは、経営者や管理職に限らず、平社員にいたるまで、前例のないところで創意工夫し、切り開いていける力を持った、目の覚めた本当の大人なのだ。
「創意工夫」って最近よく聞くワードです
わたしが読んだのは2010年版。6年前の本ですが、内容は古くない。
むしろこんなに前から「これからの時代は違うよ」って説いていたんだね。びっくりです。

人と違う考え方をしたり、さらにそれを行動に移すのには、孤独に耐えうる自信が必要である。
そういうある種の緊張感を与えられる状況に身を置く経験が、さらなる「深い知識」「深い考え」「行動」をもたらし、結果、さらなる自信を与えてくれるのだろう。
転職をしたり、入院をしたり、連綿と続いてきた人間関係と思い切って切ったり
何か新しいことをするにはいつも「孤独」がつきものでした。

正直言ってしんどい。すごくつらい。泣くほどさみしい。
でも乗り越えた先には極上の幸せと言葉に出来ない達成感。

何かをするのに勇気が出ない人は手始めに廃墟に行くといいと思う
乗り越えなきゃいけない壁、扉、いっぱいあって試されます。
ハンター試験だと思って行ってこい。
行くといろいろなものが吹っ切れます。
時事問題や身の回りのことなど、何かについて自分の意見を持つ時、あるいは何か問題がある時、ムカついたり、困ったことがあった時、まずは

「本当にそうなのか」

と自分の感情に問題意識を持ち、冷静に事実と推測をきっちと分ける。
疑うって大事よね。
特に情報発信メディアを持っている立場にあるならば「本当にそうなのか」と常に疑います。

image
気付いたらふせんだらけ。

本書は前半が就活への精神論、後半は「我究」という自己分析のワークシートになっています
ガチでやったら面白いのだろうけど、これってあとあと読み返した時「黒歴史」になるんだろうね

ブロガーさんならこの「我究」を晒してみるのも面白いかも。
わたしはものすごく読みたいし、ブロガー界隈でブームになってくれたらいいと思うw期待

学生向けの本だけど、社会人が読んでも参考になる。
というか、この本は若いうちに読んでおいたほうがいいです!
おっさんになってからじゃ手遅れだ!

「絶対内定」シリーズは毎年刊行されているから、一体どんな加筆修正が行われているのか通して読んでみるのも面白いかも。


著者経営の就活塾は学生15万8000円!
これで希望の会社に就職!

就活塾・転職支援、キャリアデザインスクールの我究館
転職をお考えのあなた、社会人コースもあります
こちらは18万8000円!

就活生の時はこうした就活塾をキモいと思っていたのですが、今見てみると、面白そう、と感じるのです
何が面白いかというと、こんな大金払ってここに集う、その塾生が面白い。
かなり志が高くないとこんなところ入りません
だからこそフィルターがかかって、すごい人が入って来そうな予感がするのです

希望の会社に就職する、というゴールではなく、塾に通うことで得られる面白い人たちとの出会いにワクワクしますね~

ただの人間には興味ありません!

この塾なら宇宙人、未来人、異世界人、超能力者ですら見つけられるかもしれない
次転職することがあればお世話になろうかな

▼2017年版はこちら

就職したけど転職したい人はこちら。大手サイトにはいい求人が集まる。
マイナビエージェント 
リクナビNEXT 

無料会員登録で企業の口コミが閲覧できて超面白い

10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス 

▼関連記事
またとないチャンスだから!社会人3年目は12月までに会社を辞めよ!

就活時代怖くて読めなかった「絶対内定」を社会人になって読んでみた。


新社会人・新入社員におすすめのビジネス本まとめ




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集

▼おすすめ記事
 1件3000円~お小遣い稼ぎとしてのモデルルーム見学のすすめ
【iPhone画面割れ】データ消去なしで即日修理できる非公式業者@渋谷
【海外旅行】イタリア旅行おすすめ土産と機内グッズレビュー
JR東日本の忘れ物を引き取りに行ってきた@上野駅お忘れ物承り所 

懸賞当選報告はこちら
小学生で懸賞生活してた私が明かす 本当に当たる映画の試写会

【大学受験】
先輩は教えてくれない!本当に賢い大学受験志望校選び