以前メガバンクに勤めていた・・・という方からこの度の凄惨な労災死自殺のニュースを受け寄稿頂きましたので掲載します
これから新入社員として金融関係にお勤めの方、社会の荒波にもまれ今まさに死んでしまいたい!という衝動にかられている方へ捧げます

メガバンクを退職した僕が新入社員に伝えたい1のこと


PAK12_kousatenwoouraisuruhito_TP_V

どうか死なないで 。




ちょっとでも死にたいと思ったんだったら
まず、休むか
転職という手段がある事を思い出してください。

最初は
これで、俺もエリートサラリーマンや!
という所から

銀行の仕事で疲弊して
銀行を辞めて
給料も上がり、
わりと楽しく過ごしている人間もここにいます。

だからどうか
死なないでください

今でも克明に思い出せる僕が銀行員だった頃


確か、正式に配属になった日は
よく分からないまま電話を取りまくってた覚えがあります。
大きな支店なだけあって、30秒に1回は電話が鳴ってました。
しかも、3コール以内、先輩が電話を取る前に1年目が取らないと
電話くらいとれや!とドヤされます。

その日は、私の歓迎会という事で
支店長、副支店長、配属された課の人達と飲み屋に行きました。

今にして思うと
課長代理のおっさんが、支店長命令で踊らされていたので
うわー、マジか
と不穏な空気を感じてました。

銀行の新入社員といえば必ずみんなが悩むのが新人芸です。
新人芸と言いながら、全体の飲み会が多過ぎて
私達は新人芸を3回やらされました。

そこから、なんやかんやで普通の人が銀行に行くと目にする
入出金、税金の支払い、定期預金を作ったりする
いわゆる、ローテラー、ハイテラーという所を一通り経験します。

新入社員はここでも注意です。
大抵の場合、このフロアにお局さまがいます。
そいつのご機嫌を損ねると、それからの支店人生は辛いものとなるでしょう
手続き書類を持っていっても何かとケチをつけて、これでは処理出来ませんと突き返されたりします。
非常に露骨です。

この人のはしょうがないわねぇ

こっちの人のは処理出来ないから、もらい直して

15時には端末落とすからそれまでに持ってこい

リアルにあります。
私は幸いな事に、客サ課の代理と仲良かったため大丈夫でしたがかなり苦労している人もいました。
また、この様な事があるので基本的に営業と、事務を行う課は仲が悪いです。

未だに支店によって旧行システムを使っており、統合するすると言っていますが、そのめどは立っていません。

旧行意識を感じる事はあるか


N695_ichimanensatu_TP_V

定期的に、社内で困ってる事はないか
という様なアンケートがありますが
その項目に、旧行意識を感じる事はあるか
といった項目があった様に思います。

旧行3行の社員が、全員抜けるまでこの問題は無くなる事はなさそうだと思います。

支店にも格がありA店、B店、C店といったランク分けがされています。

一度ランクが落ちると、戻るのは並の努力では戻れません。

都内で大企業を相手に出来るのは
最低でも、慶応か早稲田くらい出ておかないとキツイかもしれません。

よっぽど華々しく活躍をして
上司に恵まれて
お客さんにも恵まれないと

そのチャンスすら回ってこない可能性があります。

あなたがダメでも、代わりは沢山います。
なんなら、もっと優秀な人が沢山います。

これは完全に銀行がもみ消したそうですが何個か上の代で研修帰りに自殺した人がいると聞きます。
死人に口なしですが華々しく活躍をしてる同期とのギャップではないか
と思います。

夢を持つのは良いことですが
現実とのギャップに戸惑い
死んだりしないで下さい。

99%成功してても、1%ミスしたら死ね



私が支店長から頂いたありがたい言葉何個かあります(皮肉です)

銀行員の事務は仕事ではない

99%成功してても、1%ミスしたら死ね

この2つはとても印象に残っています。

銀行はとにかく事務が煩雑です。
企業ですと、経理か財務をやってる人でないと分からないかと思いますが

例えば、住宅ローンを組んだ時
アホみたいな量の書類を出させられませんでしたか。

あれで、少ないなぁ
と感じるくらいです。

稟議の印鑑は、真っ直ぐではなく
上司に向けてちょっと倒して押すだとか

〜のため、問題ないものと思料。
ぜひ、取り扱い致したい。

だとか、普段使うことのない変な慣習が沢山あります。

机の鍵をかけ忘れて上司から引き出しを、出されて中身をぶちまけられたり

飲み会の会計は一度、1番下の者が払って
次の日に、年次や階級を考慮して払う額を決め役席の許可をもらった上で、払い込んでもらう、だとか

銀行特有の詰め文化は21世紀になった今でもある。



では次に
詰めの文化についてです。

はじめに勤めた銀行では3メガの中で、比較的温厚な銀行というイメージがありました。

が、しかしそんなことはありません。
上司によります。

彼らの頭の中には
パワハラという言葉はありません。

銀行では、その人の下で働く事を仕えると言います。
召使いじゃないのに、仕えるとかおかしいだろと、何度も思いましたが社畜だったので、押し殺しました。

私は2人の課長に仕えましたがその両方とも酷いもんでした。
1人目は、エセ体育会系でチーマー上がり
もう1人は本物の体育会系脳筋バカの上司でした。

1人目は、支店長に気に入られるため何かミスがあると人のせいに(私ですが)
他人が取ってきた数字は自分のおかげで取れたように見せる
そんな上司でした。

宴会での盛り上げ方は素晴らしく
まさに男芸者。
この部分に関しては、ある意味すごいと思いながら侮蔑して過ごしていた事を思い出します。

 もう1人はスポーツ選手。

最初の印象では、なんで銀行に入れたか分からなかったのですが
後から名前で検索すると、普通に出てくるくらい当時有名なスポーツ選手だという事がわかりました。

胸ぐら掴んで恫喝したり、ファイルを投げたり
オールドスクールな銀行の上司タイプです。

1人目の上司は
性格や人間性は最悪でしたが
それでも社長に取り入って案件を持ってくるなど
まだ、有能と言えた気がしますが

この2人目の上司は
人間性が最悪な上に、無能でした。

前の店でもパワハラを訴えられ、飛ばされたという経緯があり尚且つ、帯同させろというものの言ってする事は世間話のみ。
 
無能でした。

 しかしながら、銀行に限らず

評価するのは上司であり上司の評価は絶対で
自分の意思で、この人の下で働きたい
と、選ぶことは出来ません。

銀行はある程度優秀な人間が集まっているだろうからそこらの企業よりマシだ。
そういう人もいるかもしれませんが
そんな事はありません。
本当に優秀な人は銀行に入りません。

また、仮に入っても外資の金融、コンサル様々な道があります。
そちらに行く人が多いように思います。

ここまで書くと銀行に入る気なんて失せてくると思うのですが
昔の私の様に自分ならやれる、同期全員をすっ飛ばして出世してやる
みたいな考えの人がいるかもしれません。

銀行は本当におすすめしないのですが、それでも入行してしまった場合上手くいけばいいです。
そういう人は、ぜひ出世して日本経済のため、頑張ってください。

しかし、辞める人も多数います。
私も辞めました。

僕が銀行を辞めるまで。引き止める奴の言うことは聞くな!


大体、辞めるまでに1か月かかります。

ただ、おそらく有給を使えていないと思いますので
1か月くらい有給を使って、職場にほとんど行かない様にして辞めるのをお勧めします。

また、転職先ですが銀行員、という職業について世間のイメージとしては
数字に強い、頭がいい、真面目、固い
というのがある様で、割と引く手あまたです。

面接が苦手だとか、そういった事がなければ仕事自体には困らないと思います。

ただ、銀行を辞めるというと親戚が、、、特に歳が上になればなる程引き止めてきます。

そんなにいい会社を辞めて・・と言われる可能性大です。

じゃあ、お前が代わりに働いてみろ!と、無視しましょう。

残業自体は、おそらく40時間程度でしょう
しかし、その後の上司との飲み
いわゆる詰め飲みです。
いつまで!どこで!いくらやるんだ!

店も庄屋とか和民とかで、その上割り勘だったりします。


給料も役が付くまで安いままです。
教材費が引かれて、一月9万しか入ってこなかった事もあります。

ネームバリューはあるかもしれませんが中身が伴っていません。

転職した方が職場環境も給料もよくなる可能性が大いにあります。

今回の電通の女の子みたいに
病んで死ぬくらいなら
世間体なんて捨てた方がましです。

どうか死なないで 。




以上メガバン退職者さんからの実体験でした!
退職してから月日もたっているというのにまるで昨日のことのように綴ってくださいました!
それほどまでにお辛かったのでしょう・・・・
会社に抱く負の感情はどこかで供養しなければなりません

わたしも新卒で入った会社を既に退職した身ですが、速攻キャリコネに書き込んで憂さ晴らししてました
▼日本の闇が詰まってるサイト(笑)
10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

今は転職が普通の時代となりました
大手にお勤めだった友人も、これまた大手に転職しています
マイナビエージェントリクナビNEXT 経由ですと大手の求人がわんさかあります
転職成功者に話を伺うと、なによりリクルーター面談がよかった
これにより新卒の頃よりも格段に転職が楽だったと言います

一方でわたしは、大手じゃなくていいから地元で健康的に過ごしたいと思いハローワークを利用しました
希望の会社に出会えたおかげで今、心身ともに健やかに暮らしています
そこそこ有名な大学を出て、そこそこ名の知れた会社に入ってしまったわたしは、その地位を捨てることがものすごく怖かった

でも本当の幸せは案外とても近くにあったのでした

幸せの形はひとそれぞれ
精神やられてしまった私からは、安易に辞めないで休業もおすすめします
正社員ならば傷病手当金が支払われ、働かずしてお金がもらえるはずです
この権利を大いに利用してから辞めた方が賢いと言えましょう・・・
今は見えていないだけで、実はあなたの目の前にはたくさんの選択肢が広がっていますよ! 




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集

▼おすすめ記事
 1件3000円~お小遣い稼ぎとしてのモデルルーム見学のすすめ
【iPhone画面割れ】データ消去なしで即日修理できる非公式業者@渋谷
【海外旅行】イタリア旅行おすすめ土産と機内グッズレビュー
JR東日本の忘れ物を引き取りに行ってきた@上野駅お忘れ物承り所 

懸賞当選報告はこちら
小学生で懸賞生活してた私が明かす 本当に当たる映画の試写会

【大学受験】
先輩は教えてくれない!本当に賢い大学受験志望校選び