P1260046
壁一面のメガネで有名な池袋の老眼めがね博物館に行ってきた。
博物館といえど、実体は老眼鏡のお店です
池袋東口から徒歩数分。ジュンク堂が見えたら通りに入って、ちょっと行くと見えてくる。

P1260047
突如として現れるおびただしい数のメガネ・・・・

P1260045

P1260044
圧巻ですね。

POPが面白い!老眼めがね博物館


P1260042
自称「日本一安いと言われた店」

老眼めがね博物館の魅力はなんといってもPOP!
ヴィレッジ・ヴァンガードに負けず劣らずのハイセンスです


P1260041
東京オリンピック応援価格 3000円のスポーツグラスが595円!

P1260040
「安さには理由があります」

百貨店・ファッションセンターで2000~3000円で展示してたが、4月に納入して商品がかえってきたものです。
※バカ正直。

いろんな人の過去記事を巡っているとね、このPOP相当前からあるみたいなんだよ
一体いつの4月なんだよ

P1260039
死ぬ気で安くしました
やだ~もう先日代官山で買ったのに 1500円の品が29円!
お一人様5個限り!


※5個もメガネっている?

お金じゃなくても支払える!器の広いメガネ博物館

P1260038

お金はいりません
切手、印紙、図書カード、JCB、VISAのギフト券、テレホンカード、百貨店、スーパー商品券、ビール券、文具券その他の金券でお買い求め頂けます。


ビール券でメガネ買えるって考えてみたらすごいよね。

P1260037
営業時間は午前10時半~夜19時まで。水曜は定休


初めてのお客様にはメガネ無料プレゼント!

P1260048

P1260049
初めてのお客様限定で老眼鏡とサングラスを無料進呈!
パソコン用の老眼鏡も無料でふるまう心の広さよ。
「高級」老眼鏡のはずなのに、無料で配って大丈夫なのか


P1260050
メガネは店の外だけでなく、なんと店内にも所狭しと飾られている
さらに2階には在庫が置かれているのだとか。
見るからに怪しいお店なのに、割りとひっきりなしにお客さんが来ていてそれなりに繁盛している感じだった。
日本語の危うい感じの店員さんも結構よくしてくれて、すてきな老眼鏡が買えました。


▼公式サイト
老眼めがね博物館

▼NAVERまとめ
ナ、ナニコレ?知る人ぞ知る『老眼めがね博物館』がカオス過ぎる - NAVER まとめ

▼この記事面白かった

【本当は怖い池袋】牛丼と連動する値段で老眼めがねを売るハゲおやじの博物館を訪ねた Byクーロン黒沢 | ロケットニュース24

▼お店の人にインタビューまでしていてなかなか深い記事

サングラス29円!謎の激安めがね博物館 - デイリーポータルZ:@nifty

▼この頃はまだメガネは外壁に侵食していなかった・・・

東京別視点ガイド : 資本主義殺し!老眼鏡が10円だと!?さらに、はじめてのお客さまにはメガネ1つ無料プレゼント「老眼めがね博物館」【池袋】






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集