P1200839
ただただ不気味。

京都現地人でも知らないという京都一条の妖怪ストリートを視察してきた。

なんでも有名な「百鬼夜行」の舞台がこの一条通り
その商店街の方々が町おこしも兼ねて大将軍商店街を妖怪ストリートとして売り出しているんだとか
2005年からの取り組みだからかれこれ10年はやっているわけだ

HPも結構な力の入れよう。さすが10年目である。


京都一条 妖怪ストリート

そんな一条通りの妖怪ストリート
「ストリート」というからには一本道に妖怪が結集している
こちらとしては撮影しやすい限り。


P1200840


P1200842

妖怪は商店街の店先に立ち並んでいる。
嵯峨芸術大の学生たちが制作したという妖怪たちは非常にユーモラスでかつB級
一つとして同じ妖怪はいなくて芸が細かい。

P1200846
ベンチ占拠しちゃってるぞ。
 
P1200847
このバケツは!?ゴミ入れ!?

P1200848
これは本当に妖怪なのだろうか

P1200849
小学生の図工作品と考えたら上出来すぎる出来栄え

P1200850
突然顔がリアル過ぎて怖い件。

P1200851
こちらはパネルのろくろ首
店によって予算もちがうのだろうか
 
P1200852
パン屋の妖怪は食パンを身にまとって自店をPR

P1200853
こちらは店のマネキンとして機能している

P1200854
リポDを抱いてる妖怪がみられるのもここだけ

P1200855
目が合ったら呪われそう

P1200856
足がぐるぐる巻きだ

P1200857
これは市販の恐竜とのキメラ?

P1200858
「そうだ!買い物しよう!」

P1200859
生きてるのか死んでるのか不安になる。

P1200860
病的なまでの内股

P1200861
布団に顔を取ってつけた。超オリジナル妖怪。妖怪の解釈ってこんなに広いものなんだ

P1200862
カラーコンが貫通してるの、丸見え。

P1200863
「店の中にも妖怪いるよ!」 そもそもこいつも妖怪なのか

P1200866
髪の毛の造詣は芸が細かい

P1200867
夜中に出会ったらちびる

P1200868
ちょっと老朽化がキテる 


P1200864

紫の麺に真っ黒のスープで有名な妖怪ラーメンはこちらの手抜き?妖怪が目印
妖怪ストリートの1番端になります


紫の麺に真っ黒スープ! 妖怪の街のやばいラーメン - デイリーポータルZ:@nifty

百鬼夜行資料館は妖怪ストリートからはちょっとはずれたところにある

P1200869


すごく古い建物で辺りに人はいない。
そんな寂れた通りに中国人カップルが訪れ興味深けに資料館内に入っていったから、この町おこし、成功しているのかもしれない・・・・!

P1200870
入場無料でも入るのにためらう。

 
P1200871

思っていた以上の妖怪がそこにはいた。
意外にも車の通りが激しいので注意しながら撮影していただきたい。

とりあえず妖怪で町おこしすることになったから出しておくか・・・みたいな気の抜けた温度感がまたB級っぽさを掻き立ててる

今回はとっても寂れていたけれど定期的に行っているという妖怪イベントの時には賑わいを見せているのだろうか

この妖怪ストリートで有名なのは妖怪ラーメンと妖怪コロッケ
妖怪好きならちょっと抑えておきたい珍スポ

京都の人も知らないくらいのなので有名なのは珍スポマニアの間だけなのかもしれないな(笑)
北野天満宮からも近いのでちょっと立ち寄ってみてくださいな















 





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集