毎月の体調不良に悩まされている女性も多いのでは?
ただでさえ「普通の人間」として生きることも不可能なこの期間、少しでも快適に過ごしましょう。

男性には生々しいお話が続きますのでどうぞこのへんで離脱下さい。



キャプチャ




日本の女性はナプキン派が多すぎます。
今は21世紀ですよ!あんな前時代的なものを未だに多くの人が使っているだなんて信じられません。

業界大手のユニ・チャームがタンポンプレゼントをやっています。

日本の女性にタンポンを布教すべく、もう何年も連続でこの手のプレゼントキャンペーンをやっていますね
かくいう私もこのキャンペーンに当選してめでたくデビューしたものです

これで毎月の不快の8割方が解消されたようなものです
初めての感想は「革命だ・・・・!」って思いました。
こんな便利なものがあったなんて!!!!これで多くの女性が救われる・・・!って思いました
感動で泣きました
発明してくれた人、ありがとう、天才だ。
これこそノーベル平和賞だって思いました。

もっと早く出会っていれば、輝かしい人生を送れたはずです・・・・

できれば学生のうちに出会いたい。

皆様にはタンポンの存在も知らないで、「お母さん」になって欲しくないです。

思春期の娘さんをお持ちのお母さん、娘さんはきっと苦しんでいますよ

授業後の起立が恐ろしい。
プールに入れないのが恥ずかしい。
制服のスカートが紺色で良かった。
白い下着はもう怖い。
白いシーツもトラウマだ。
便器が真っ赤すぎて殺人事件だ。
風呂トイレ一体の間取りの家に住みたい。
おとうさんなんかだいきらい。

第2次性徴とは性転換を真剣に考えるほどに、精神的ショックの大きい変化なのです


こんな変化が自分の体に起こっただけで大変なショックなのに、お母さんからナプキンなんて渡されたら、現代っ子はぶちきれていいよ。

この年になっておむつかよ!!!!って思いました。

さらに大人の女性が月に1回、このおむつをしているのか・・・と思うと、自分の生きている世界に軽く絶望しました。


布ナプキンなんかでお茶を濁している場合じゃないです。
もっと便利なものがあります。

タンポンです。

水泳部の子が使う「特別なもの」では全然ないです。

男に生まれれば良かったよ、というくらい生理が嫌いで、早くこの地獄から逃げたいよ、
というくらいに激しい拒絶反応を示す方に大変おすすめです

タンポンデビューしてやっと自分の性を受け入れてやる余裕が出来た気がします

何がいいって、トイレに行くたび鬱にならないところです。
座っている状態から急に立ち上がるときの恐怖がなくなります。
そして効率的に吸収するので終わりが早い!
悪臭問題も軽減されます(あれは環境破壊に近いよね)


もちろん合う、合わないがあると思いますので、まずはお試しで、
ユニ・チャームの懸賞に応募してみるのはいかがでしょうか?

当選数3000人と多いので期間中どこかしらで当たるのでは?
私は当選しましたよ!!!

少しでも自分らしい人生を歩めますよう、お祈り申し上げます!!!!


▼応募は2015/9/7まで

油断できちゃう♪タンポン実感キャンペーン | キャンペーン | ソフィ-ユニ・チャーム


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集