P1170732

365日 チョコレートを食べてはブログにアップしている鬼才、チョコレートくん主催のカカオ豆からチョコレートを作るワークショップに参加してきました。


image


都内某所にて行われたこの会、予約の名前は、もちろん「チョコレートくん」でとってます!
(これ、ポイント!)

カカオ豆からチョコレートを作ろう!



P1170710

生のカカオ豆、はじめて見ました(^^)

焙煎前のカカオ豆を嗅がせてもらいましたが、動物園の臭いがしました
かなり大自然な、野性的で獰猛な香りです
チョコレートくんは焙煎前のカカオ豆を「オッサンの汗の匂い」といつも表現しています


P1170711

ワークショップではチョコレートくんが愛をこめて焙煎してくれたカカオ豆を使い、
まずは豆の殻剥きからスタート
ちなみにこのカカオ豆はガーナ産らしい!

爪がないと剥きにくいのですが、爪が長すぎてもまた、やりにくい
ネイルをやっている方にとってはちょっと酷かも?

コツは両手の指で豆を押しつぶして、殻に切れ目を入れてからやるといいでしょうか
この地味な作業、意外と時間がかかります
日頃ご自宅でカカオ豆からチョコを作っているチョコレートくん、、、、この作業を1人黙々とやっているのかあ!と思うとあっぱれです

焙煎カカオ豆、そのお味は・・・・?



ここで焙煎したカカオ豆を試食。
「苦いよ~」とチョコレートくんは宣うのですが、一般人のわたしにとってはそこまで苦くなく、むしろコーヒー豆のように香り高くて、これはこれで美味しいのでした

昔お菓子メーカーがこぞってカカオ分の高いチョコレート(カカオ90~70%シリーズ)を出していましたが、あの時のチョコレートなんかはわざと苦くしているの!???
ってくらい苦くて、
そしてエグくて、
食べられたものじゃなかったので、今回の焙煎カカオ豆が思った以上に美味しく感動しました
カカオ「豆」というからには名前の通り「豆」の味がして、普段のチョコレートからはちょっと想像できない味で、とっても新鮮でした


米粉を作る「よめっこさん」でカカオ豆をも砕く






by カエレバ


カカオ豆を粉砕するのに使ったのが、米から米粉を作る機械「よめっこさん」
固いカカオ豆を粉砕するにはちょうどいいらしく、本来とは違う用途でも大活躍!

アマゾンのレビューにはこれでチョコレートを作っている方の口コミもあります

何と言ってもパワフル!カカオ豆からチョコレートを作るのに重宝しています。粘度の高いカカオマスでもちゃんと挽いてくれます。カカオの粉砕から砂糖などの材料の撹拌までこなしてくれます。米粉だけじゃもったいない!グラニュー糖からアイシング用の粉糖も作れます。

お値段は1万円ほど・・・
チョコ好きの間ではかなり一般化されているのでしょうか!???
米粉だけじゃもったいない!だそうです

3回押して、その後10秒ほど粉砕したら出来上がり。
まだまだつぶつぶ感は満載ですが、今回はカカオの粒子感を楽しむため、粗挽きです

P1170720

傍から見たら土???味噌???状態のカカオをすり鉢ですりつぶし、
油分が出てねっとりするまで根気よく続けます

チョコレート作りは体力仕事です

P1170724

体力がないとチョコレートくんの助け舟が・・・・
あっという間にいい感じにしてくれました

P1170722

P1170723
※赤味噌と普通の味噌をまぜたかのような画


お砂糖を目分量で豪快に1杯、2杯と入れます
このワークショップ、基本的にあまり計量はきちっとせず、その時々の感覚や、グループの味の好みに合わせて調合していきます
まさしく男の料理!否!チョコ作り(^^ゞ

各グループで味も違ってくるので最後に交換試食会もやってみて!

P1170727

続いてカカオバターを投下
固まっている時はさながらタケノコのようですね

P1170745

カカオバターの溶けた状態はこちら。
こちらを混ぜていくといつも私達庶民が知っている状態のチョコレートになっていきます

テンパリングを温度計なしでやってのける!
そこにしびれる!憧れるぅ!



P1170728

このあとのテンパリングはちょっと難しいのでチョコレートくん全面協力で各グループ周ってもらいました
テンパリングは温度管理が重要で、お菓子の本を見ると温度がいちいち決められています(T_T)
しかしながらチョコレートくんに温度計は不要!
慣れた手つきでチョコの状態を見ながら平然とテンパリングをしていきました

製菓に通われてる方も言ってましたが、
曰く「温度を測っているうちに、温度が変わってしまう」のだそうです
どうりで、素人のわたしが毎回失敗するわけだあ~!

ですからチョコレートくんのこの男の料理!否、チョコ作り!は理にかなっているのです
熟練の業を是非とも目に焼き付けてみてください(^^)
彼は我が国の人間国宝だと思いました


P1170731

チョコレートくん厳選のナッツに、レーズンのトッピングたち・・・
シンプルな板チョコを作るのかと思っていたら、こんなに豪奢なトッピングも用意されていました

さあ!オシャンティーな板チョコマンディアンを作ろう!

P1170729

一人分はこの流し型1枚分
ミニ板チョコ12個分をお持ち帰り出来ます
持ち物に「保冷バッグ」がありますが、つまるところ、このチョコ12枚が入るくらいのサイズでOKなのです

いよいよチョコを流し込む!キレイに作るコツってあるの?



P1170732

あのチョコレートくんが「キレイに出来ましたね~」と褒めて下すったのがこちらですm(_ _)m
(ありがとうございました)

コツはチョコを流し込むときの分量
かなり少なめに盛りました。
6~7割くらいです(チョコレートくんは7、8割で言ってたような気もしますw)

脇にぼたぼたこぼすと見栄えが悪くなっちゃうのでちょっと気をつけて流し込みましょう
どろどろっとしているのである程度入れたらベタンベタンと叩いて平面にしていきます
すると6~7割に盛ったチョコがキレイに端まで行き渡ります
足りないな?と思ったらここで足すといいでしょう(^^ゞ

そのあと空気を抜いていくのですが・・・
この抜き方がかなりドSで、チョコレートも阿鼻叫喚しているんじゃないかろうかと心配になるほど(笑)
逆にここまでしないと空気抜けないのか・・・!という発見にもなりました
ぜひとも生で体感ください(^^ゞ

P1170734


トッピングを乗っけると、チョコが少なめでもちょうどいい分量になってきますよ

しかし反対に、たくさんチョコを盛ればその分多く食べられます(^^)
隣と隣がくっついちゃってもご愛嬌

質をとるか、量をとるか、あなたはどっち?

冷やしている間1時間かけてカカオ豆の焙煎も実践しました

P1170752

チョコレートくんお手製の網(100均で作れるらしい)でカカオ豆を延々1時間炙ります
IHだと不可能ですかね?\(^o^)/
ガス火でも安全機能が付いているコンロだと出来ないでしょうか・・・?

P1170757

焙煎したカカオ豆もおみやげにいただきました
どんぐりみたいですね!
殻を剥いてアイスのトッピングなんかにもイケるそうです

P1170747

FRIIS HOLM フリスホルムのチョコ試食もありました!
酸味があって、フルーティーで、とっても美味しかった(^^ゞ

チョコレートくんのレビューを是非ごらんください
※価格に注目

フリスホルム「チュノ ダブルターン トリプルターン」


カカオ豆から作ったチョコ お味はいかが?



P1170763

4時間かけてついに完成したチョコレート
カカオの粒子が満載でザクザクっとしています
酸味もまだまだ強いかな?
本来お店で売られているチョコレートは出来てから1ヶ月間熟成させているそう(これ、初耳でした!)

そのため、今回作ったチョコレートも1週間くらい置いてから食べてみるとまた味わいも変わってくるそうです(^^)
1回で2度美味しい。
ワークショップ後もまだまだ楽しめそうですね!


チョコレートくんのカカオ豆から作るワークショップ 
気になる参加者は・・・?


今回はしょっぱなということもあって?
スイーツ好きのブロガーさんやツイッタラーさんが多く参加した回でした
とっても濃ゆいマニアックなスイーツ話をお伺い出来ました
皆様の知識の豊富さに脱帽です
また製菓学校に通われてる方のご参加も。
平均年齢は、チョコレートくんがお若いのでその年令前後10~20歳くらいでしたでしょうか?
男女比は女性が多めですが、スイーツ男子さんのご参加もありました!
そもそもチョコレートくんが男性ですので、大丈夫!ご安心下さい!


↓チョコレートくんのワークショップ こんな方におすすめ↓


ブログもTwitterももってないぞ~(´・ω・`)
製菓学校にも通ってない!普通高校、普通大学出身だ(´・ω・`)
平均年齢あげちゃうかもしれないよ~(´・ω・`)

そこまでチョコについて語れないし~(´・ω・`)

でも!チョコには興味ある!!!

チョコ好きさんと繋がりたい!生のチョコレートくん(生チョコ)に会いたい!

そんな方は迷いなく参加してみてほしいと思います(^^ゞ
とっても楽しかったですよ!

生のチョコレートくん、素敵なお人柄ですので
チョコ好きであれば、きっとどんな方でも受け入れてくださるはず!



▼今後の開催日程はこちらから!

チョコレートくんのチョコラボ[チョコレート総合サイト]


▼関連記事 ロッテのチョコレート工場見学はお済みですか?


夏休みの激レア体験!@ロッテ浦和工場 一日食品衛生監視員2015/8/6開催














このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集