マウスウォッシュのリステリンて辛すぎませんか?
なんであんなに辛いんだろう・・・
中には「痛い」とまで感じる人もいるようです

確かに「辛い(からい)」を通り越して、「痛い」かも・・・

雑誌「LDK」でもリステリンは辛すぎる!と書かれていたことがあります
というわけでリステリンを買わずに他のマウスウォッシュを買うようにしていました



クリアクリーンのマウスウォッシュにはホワイトニング機能もあって、さらにリンゴの味がして美味しかったです


辛い(からい)のはアルコールのせいだった



調べてみるとリステリンがあんなにも辛いのは「アルコール」のせいだそうです!
マウスウォッシュにアルコールが含まれているとは知りませんでした

アルコールには強い消毒作用があり、マウスウォッシュの爽快感はアルコールによるものなのでした
リステリンには「エタノール」という表記しか書いてないのですが、これが食用のアルコールを指しています

デイリーポータルZさんではマウスウォッシュでアルコールチェッカーをして酒気帯び運転で検挙される値になるのかどうか検証しています

実はそのマウスウォッシュ、成分としてエタノール、つまりアルコールが含まれているものが少なくない。
ということは……エタノール入りのマウスウォッシュでクチュクチュした後、車を運転して飲酒検問に遭遇したら酒気帯び運転で検挙されるのだろうか? 

気になったのでアルコールチェッカーを使用して検証したところ、ビビる結果になったから報告したい。
引用:【検証】飲酒検問の前にマウスウォッシュしてたらアウトなのか? 『リステリン』など5種をアルコール検知器で試した結果 → 基準値オーバーしまくり!! | ロケットニュース24
リステリンのアルコール度数は不明


リステリンのパッケージを見てもアルコール度数の表記はありません
お酒の場合は表示義務があるのですが、マウスウォッシュにはないのです
というわけで日本のリステリンにはアルコール度数が書いてありません
アメリカでは必ず、パッケージの表面に1番大きく、わかりやすく書かなければならないというルールがあるようです
日本って、規制が厳しいようで整備されていないんですね


リステリンのノンアルコール版なら辛くない!



IMG_-s3wux5


最近ではノンアルコール版のマウスウォッシュも発売されてきています
こちらはリステリンのノンアルコール版

パッケージに「ノンアルコール」と書いてあります

辛いのが苦手な人は「ノンアルコール」のマウスウォッシュを買うようにするといいでしょう










ノンアルコールのマウスウォッシュに爽快感はない?



リステリンのノンアルコール版を使ってみたのですが、マウスウォッシュ独特の「爽快感」がない気がします
それもそのはず、爽快感を織りなしていたのはアルコールですもの・・・

後味には残るのはいかにも薬っぽい味と妙な甘みのみです
アルコール入りのマウスウォッシュも苦手だけど、ノンアルコールも苦手かも・・・

やっぱりクリアクリーンのマウスウォッシュがりんご味で1番美味しかったかもしれないです

クリアクリーン デンタルリンス ホワイトニング アップルミント 薬用液体ハミガキ 600ml [医薬部外品]
花王




 


こちらはアルコール入りですが低刺激でそこまで辛くなく、爽快感もありちょうどいい塩梅でした






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集